特集記事
スマートなランニングポーチ「FlipBelt」はロング走に最適

フルマラソンに向けたトレーニングで欠かすことができないロング走。20km~30kmほどの距離を本番に近いペースで走る練習で、マラソンに必要な筋持久力を鍛えることが目的です。

僕の場合、年が明けてから毎週末25kmのロング走を行っているのですが、着実に走りの粘り強さが培われてきた気がします。

ただ、ロング走を実施するときって補給が面倒なんですよね。25kmとなると水分を摂取しない訳にはいかないですし、できればエナジージェルも補給したい。以前はコンビニや自販機に立ち寄れるようポケットに小銭を入れて走っていたのですが、練習中に立ち止まるのが嫌で止めてしまいました。

かといって、トレランバッグやウエストポーチを着用して走るのも邪魔なんです。ペットボトルやジェルを入れると重心が崩れてしまって、どうにもフォームが安定しない。シリアスランナーになればなるほど、無駄なものは可能な限り身に付けたくなくなります。

あれこれ思案して、公園の周回コースにペットボトルを置いて走ってたりしていたのですが、あるときランニングショップの店員さんから便利なグッズを紹介されました。

それが今回紹介するスマートなランニングポーチ「FlipBelt」です。

FlipBeltとは?


「FlipBelt」とは、従来のランニングポーチの代替品として開発された新しいフィットネスベルトです。一見すると腰のサポーターのようにも見えますが、中心にスリットが入っており、ここにスマホや財布などの小物を入れることができます。

高品質のマイクロポリ・ライクラ生地を使用しているそうなのですが、その装着感は最高です。もう購入から1年以上経っていますが、伸びて使えなくなったりもせず、耐久性も申し分ありません。

ロング走の練習で使用する際は、ここに以下ような感じで入れています。

  • エナジージェル×2
  • 小銭
  • FlipBeltウォーターボトル(後述)

僕は邪魔なので携帯していませんが、ここにスマホを入れてもまだ余裕があります。

ちなみに、僕の場合はフルマラソンの本番レースでも使用しています。大抵のショートパンツってポケットがありませんからね。その際は基本的にエナジージェル(Shotz)を4つ入れるだけにしています。FlipBeltを購入するまではゼッケンにテープで張り付けたり、手袋のなかに入れたり大変だったのですが、これで非常に楽になりました。

FlipBeltの使い方

使い方はとても簡単です。ただFlipBeltを腰に装着するだけ。伸縮性のある素材なので頭から通しても足から通しても構いませんが、まあ普通に考えると後者でしょう。

ベルトの中にはフックが付いているので、ここに鍵などを引っかければより安全。

装着すると以下のようになります。

FlipBeltのラインナップを紹介

FlipBeltクラシック


一番オーソドックスなのがこの「クラシック」タイプ。伸縮性のある素材で作られており、中央のスリットから自由に小物を出し入れすることができます。カラーバリエーションが非常に豊富で、黒・ピンク・アクアなど全10色にわたり展開されているのも魅力。ランニングウェアに合わせてカラーコーディネートを楽しむこともできるはずです。

サイズも5種類に分かれているため、それぞれのウェストに合わせて着用することが可能。ランニングライフが非常に快適になりますよ。

FlipBeltリフレクティブ


ナイトランをする方にはこちらがおすすめ。反射素材を用いた「リフレクティブ」タイプです。

ランニングウェアのなかにも視認性の高いものがありますが、デザインや色は限られてきます。あるいは発光性のバンドを装着する方も多いと思いますが、走っているうちにズレてきたりして邪魔だったりします。

その点このFlipBeltであれば、手持ちのランニングウェアと組み合わせて使うことができますし、装用感も非常に快適。基本的な機能も上記のクラシックタイプと変わらないので便利です。

カラーは黄色と黒の二種類で、Lサイズのみの展開なのが少し残念ですが、価格もお手頃なので使ってみてはいかがでしょうか。

FlipBeltジッパー


クラシックやリフレクティブは単にスリットが入っているだけのタイプなのですが(それでも中身が落下することはまずありません)、こちらはジッパー付きのもの。出し入れにひと手間かかりますが、より安全性が強化されています。

公式サイトでも紹介されていましたが、ランニングシーンだけでなく海外旅行でも便利ですよね。パスポートなど大事なものを肌身離さず持ち歩くことができます。

カラーは5種類サイズも5種類から選ぶことができます。

FlipBeltウォーターボトル


スポーツ・アウトドア用として幅広く使えるFlipBeltですが、ロング走を行う際のマストアイテムがこれ。FlipBelt専用のウォーターボトルです。

本格的なトレランバッグはハイドレーションパックを搭載できるようになっていますが、こちらはもっと手軽な補給ボトルとして使えます。スリットの中に収納すると若干かさばる気がしますが、十分に許容できるはずです。

ポイントは本体が少しだけ曲がっていること。このシェイプがちょうどいい具合にウエストにフィットしてくれます。サイズは6oz(約170ml)と110(約310ml)の二種類。僕は6ozを使っていますが、冬場のロング走だったらこれで全然問題ありません。

ただ、夏場だとさすがに大きい11ozが必要になってくるかもしれませんね。

まとめ

今回はランニング収納ベルト「FlipBelt」の紹介を行いました。

一度使ったら本当に手放せなくなります。ここまで書いてきたように、ロング走のアイテムとしてとしてはもちろん、マラソン本番で補給食を携帯する際にも役に立ってくれるはず。Amazonのほか公式サイトからも購入することができるので、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか?