特集記事
週末のレースに向けてペース走を実施

どうも!

会社を辞めてフリーランスとなり、はや2ヶ月。まだ安定した収入は得られていませんが、一日一日を大切に過ごしています。

僕の会社員生活は3年半ほど続いたのですが、その間にランニングを習慣化できたことが今の基盤となりました。

おそらく仕事で得たものと同じくらい、ランニングから多くのものを得ている気がします。笑

特にフリーランスのライターやプログラマーといった職業になると、生活のリズムを作ることが難しい。最初のうちは、不安に駆られて仕方ないんじゃないかと思います。

そのなかで自分のルーチンワークと呼べるものがあると、身体的にも精神的にも安定しますよね。

というわけで、僕は走ることも書くことも全力で進んでいきますよ!

週末のレースに向けてペース走を実施

次のレースは1月18日「パークらんマラソンin国営昭和記念公園」(10kmの部)。

久々のレースだけに気合が入りますが、あくまでも今回は練習。特に調整は行わずに臨みます。

そのレース3日前となる今日は、ポイント練習としてペース走を実施。いつものトラックではなく、江戸川沿いのコースを使って行いました。

ペース走の目的・距離・設定は?

ペース走の目的はLT(乳酸性作業閾値)の向上にあります。

平たく言えばスピード持久力を強化する練習なのですが、そのためには設定ペースをしっかり守らなければなりません。

ただ、僕の場合は直近でレースやタイムトライアルを実施していないため、現段階で正確なLTペースを把握するのは難しい。

そこで、心拍数に基づいたペースで走ることにしました。

僕の最大心拍数は184。ダニエルズ理論によるとT(閾値)ペースは最大心拍数の88~90%と言われているので、

184×0.9 ≒ 165.6

だいたい161~165ぐらいの心拍数が目安になる計算に。

というわけで、Garminの腕時計で心拍の数値を確認しながら走ることにします。距離は、体の調子を見つつ8kmを目標に。

ペース走(8000m):設定:HR=160


こちらがラップタイム。途中でGarminに不具合が出てしまい、計測が一度中断されてしまったのですが。

平均ペースは4:23/km。平均心拍数は159。

心拍数だけを見ると、もう少し追い込むべきだったかもしれません。だた、あまり足に余裕はありませんでした。久々のペース走ということで、まだ体が慣れていなかったのかもしれません。

週末の10kmレース、正直なところ40分前後で走りたいと思っていたのですが、この調子だと43分ぐらいにかかる計算に。

キロ4分の壁はまだ遠いのか……。

走りの感触としては、まだ体幹が安定せず、上半身が反り返っている気がします。足は意外と動きましたが、それでも現段階だとキロ4分のスピードには対応が難しい。

サブスリーへ向けて今後の課題は?

今後の課題としては、まず体幹を鍛えることと、インターバル等で最大スピードを上げることでしょうか。

できれば1月中に10kmを40分以内で走れる力をつけたいですね。

今週末のレースでの40分切りは厳しくなりましたが、どうせ練習レースなので少し速いペースで入ってみようかな、と。

あとは本当に久しぶりのレースなので、全力で楽しんでこようかと思います。

ではまた明日!