特集記事


キム・ギドク監督の作品には暴力セックスが頻出します。その過激な描写は物議を醸すことも多く、韓国映画の中でもキワモノ的な扱いを受けていることは否めません。

今回紹介する『悪い男』(2001年)もヤクザな主人公の狂気が噴出し、公開当時は賛否を巻き起こした作品です。

とはいえ、見方によってはギドク流の純愛物語と言えるかもしれません。そのロマンティックで爽やかな結末は必見です。

作品のポイント

  • 女を地獄に突き落とすことで愛を表現しようとするヤクザの物語。
  • 暴力とセックスの過激な描写は健在。公開時はフェミニズム的な観点から批判された。
  • 寡黙なヤクザの倒錯した愛は、やがて意外な方向へと進んでいくことに。

『悪い男』作品概要


『悪い男』(나쁜 남자:Bad Guy)はキム・ギドク監督7番目の作品として製作されました。2001年に公開され、翌年のベルリン国際映画祭コンペティション部門にも出品されています。

主演を務めたのは、ギドク監督の『魚と寝る女』や『受取人不明』にも出演したチョ・ジェヒョン。2001年に放映された人気ドラマ『ピアノ』で主演を務めたばかりの出演であり、本作のヒットを後押しする要因となりました。

ヒロイン役にはソ・ウォン。ギドク監督の『島』で映画デビューを果たし、本作の演技で大鐘賞の新人女優賞を受賞しました。残念ながらその後は芸能界を引退しています。

愛した女を罠にかけ、売春婦として働かせるヤクザの物語で、その過激な内容と暴力描写が物議を醸しました。ギドク監督のインタビューによると、女性批評家の90%が批判的なレビューをした一方で、劇場に足を運んだ80%の観客が女性だったといいます。

非公式ながら観客動員数70万人を記録し、それまでのギドク作品の中では最大の成功を収めました。

『悪い男』あらすじ

ヤクザの男ハン・ギは、街で偶然見かけた女子大生ソナに一目ぼれします。何も言わず、力づくで彼女にキスを迫るハン・ギ。すぐに周囲の男に取り押さえられ、ソナから唾を吐きかけられた挙句、彼はその場を後にするのでした。

そこからハン・ギの策略が始まりました。後日、彼女が本屋で万引き行為を働いているのを見かけると、手下を使って盗んだ他人の財布を拾うように差し向けます。罠にはまったソナは財布の持ち主に捕まり、闇金融で1,000万ウォン(約100万円)の借金を背負わされてしまいます。

それほどの大金をすぐに返せるはずもなく、ソナは借金のカタとして売春宿に売られてしまいます。怯えて客を取らない彼女は、宿のママに向かって純潔だけは恋人に捧げたいと懇願します。

しかし、売春宿はハン・ギのシマでした。彼はソナが呼び出した恋人を暴行し、彼女から無理やり引き剥がします。その晩、彼女は泣きながら客に純潔を奪われるのでした。

そんな彼女の姿を、毎日ハン・ギは売春宿のマジックミラー越しに眺めます。彼はソナに好意を抱いているようですが、けっして自ら手を出そうとはしません。

ほどなくして、ソナは自分を貶めたのがハン・ギの企みだったことを知ります。怒り狂う彼女でしたが、やがて二人は奇妙な関係で結ばれていくことになります。

『悪い男』解説・考察

主人公はなぜ口を閉ざすのか

主人公であるヤクザのハン・ギは寡黙な男で、作中ほとんど言葉を発しません。この「寡黙」というのはキム・ギドク監督の重要な主題系です。例えば『うつせみ』(2004年)や『メビウス』(2013年)のように、物語のほとんどを無言劇が占める作品まであります。

この「なぜギドク作品の登場人物は口を閉ざすのか」という問題を考えてみると興味深いかもしれません。様々な理由を考察できますが、ひとつ言えるのは、彼ら/彼女らが自発的に黙しているのではないか、ということです。

つまり、ギドクの登場人物たちは「しゃべれない」のではなく「しゃべらない」訳です。

本作公開当時のインタビューで、ギドク監督はこんなことを語っています。

私の映画の登場人物が話さない理由は、何かが彼らを深く傷つけたからです。約束が破られ、他人への信頼が壊されたのです。人から「愛している」といったことを言われたのですが、その言葉は本心ではなかった。こうした失望によって、彼らは話すことを止めてしまったんです。

「Interview with Kim Ki-Duk」

言い換えれば、ギドク作品の寡黙な登場人物たちはすでに人から裏切られていることになります。言葉によって傷つけられた経験を、一種のトラウマのように抱え込んでいる。だから彼らは話すことを止め、セックス暴力(どちらもギドク作品に頻出します)に頼ることしかできない。

サディズムとマゾヒズム

そう考えると、主人公のハン・ギという奇妙な男のことも少し理解できると思います。映画の冒頭、彼はベンチで横に座った女子大生ソナに目を奪われています。その理由は後に明らかとなるのですが、とにかく恋愛感情を抱くようになる。

しかし、ハン・ギは彼女に語りかける言葉を持っていない訳です。言語的なトラウマを負っている彼は、ヤクザとして誇示する暴力にのみ頼り、強引にソナの唇を奪おうとしてしまう。当然そんな恋が実るはずもなく、取り押さえられたハン・ギは彼女から顔に唾を吐きかけられてしまうのです。

そこでハン・ギが企んだのは、一般的には理解しがたい策です。恋するソナを売春婦にさせ、彼女が客と行為に及ぶ様子をマジックミラーで鑑賞する。もちろん彼はヒモ男でもなければ、寝取られ趣味があるのでもない(さらに言えば、彼は不能でもないことが明示されています)。ただ、そうすることでしか愛を表現できないのです。

ここでのハン・ギは"いじらしい"ほどに被虐的です。彼は一見するとサディズムの権化のように見えるヤクザの男ですが、同時に極端なマゾヒストでもある。というよりも、そもそもサディズムとマゾヒズムは対立する概念ではなく、本質的に両立するものです。

サディズム/マゾヒズムの両義性について
サディズムは相手のすべてを奪おうとしますが、すべてを奪ってしまえば「愛」は潰えてしまう訳で、そうならないように手加減をするのが真のサディストです。
と同時に、それは相手のすべてを奪えない苦悩をもたらすという意味でマゾヒズム的でもあります。

言葉の持っている暴力性

重要なのは、このサディズムとマゾヒズムの両義性が言葉についても言える点にあります。

上で書いたように、ハン・ギという男は「話せない」のではなく「話さない」人物です。発話しようとすればできますし、事実、彼は重要な場面で絞り出すような声で台詞を発します。

しかし、普段の彼はけっして話そうとはしない。それは言葉がサディズム的な性格を持っていて、相手を傷つけてしまう可能性をつねに含んでいるからではないでしょうか。すでに引用したギドク監督の言葉を借りれば、「愛している」という言葉で裏切られた経験を持つ彼は、その暴力的なトラウマのために、人に「愛している」と口にすることができないのです。

結局、彼は口をつぐんでしまいます。そうすることで、徹底してマゾヒストの立場であり続けようとする訳です。

「言葉の暴力」なんて言われたりしますが、むしろ「言葉こそが暴力」にほかならないのであって、他者を傷つけないためには沈黙を選ぶしかありません。

さて、そんな『悪い男』の物語はどのように展開していくのでしょうか? それは『魚と寝る女』(2000年)で描かれたような、一種ギドク的ともいえる解決策です。つまり、愛する女も自分と同じように沈黙させ、被虐的な立場に身を置くことで愛を成就させるのです。

詳細は語りませんが、それが非常にロマンティックな結末であることは保証します。固定観念を捨てて、ぜひ鑑賞してみてください。

キム・ギドク監督のまとめ記事はこちら。経歴や関連キーワードとともに、全23作品を完全解説しています。

次に観るのは:『フィギュアなあなた』(2013年)


「倒錯的な愛」つながりで、『ヌードの夜』(2010年)の石井隆監督による作品です。フィギュアを愛するオタク青年(柄本佑)が、命を持ったフィギュアの美少女(佐々木心音)と同居するというストーリー。

この作品はU-NEXTで観ることができます!
U-NEXTは見放題作品数がNo.1。レンタル作品も含めると170,000本以上のコンテンツを配信中。

さらに雑誌読み放題や毎月1,200円分のポイント付与といったサービスも利用可能で、月額料金は1.990円(税抜)。まずは無料体験に登録してみてください。