特集記事
五反田団『生きてるものはいないのか』劇評:生き生きとした死に方の探求

何だか分からないけど、次々に人が死んでいく。シュールな死に方研究会。

小学校の卒業文集に「死ぬときは高層ビルから落ちて死にたい」と書いたことを思い出します。

五反田団について

1997年、和光大学に在学していた前田司朗を中心に結成。現在まで彼による作・演出作品を上演しています、

2007年の『生きてるものはいないのか』で岸田國士戯曲賞を受賞。2004年より五反田に「アトリエヘリコプター」をオープンし、稽古や公園の拠点としています。

劇作家のほか、小説家や映画監督としても活躍。 2017年には小説『愛が挟み撃ち』で芥川賞候補にも。

五反田団『生きてるものはいないのか』作品概要

作・演出:前田司郎
公演日:2009/10/28
キャスト・スタッフ:リンク先を参照

五反田団『生きてるものはいないのか』劇評

不吉な予感が漂う

幕が上がると、早々にして劇場に不穏な空気が充満します。どこかの大学キャンパスが物語の舞台らしく、女子学生に向かって「大学病院はどこですか」と尋ねる中年男性。

一方、喫茶店では3人の学生が何やら深刻な話をしています。能天気な冗談を交えながらも、男が心配しているのは浮気相手の予期せぬ妊娠。浮気された彼女を交えての3者面談は、「どうしたらいいんだろう」と頼りなく呟く男によってひたすらに脱臼され続けます。

さらに舞台の片隅では、先ほど道を尋ねられたサークルの学生が友人を迎えます。直前に起きたという鉄道事故について言及されるも、軽佻浮薄な若者たちは大して気にも留めず。その関心は大学病院をめぐる都市伝説と、近々行われる結婚式の出し物へと移っていきます。

この時点で、観客は一向に見えてこない物語の筋に戸惑うことしかできず、にもかかわらず、ぼんやりと漂う不吉な予兆に怯えることになります。ときおり口の端に上る鉄道事故のニュースは確かな手触りを持っているのですが、冗談めかした彼らの態度によって、その現実感は遥か後方へと追いやられてしまうのです。

茫洋とした死の輪郭が見えてくるのは、大学病院で働く女性(最初に道を尋ねた中年男性の娘)のもとに少女が駆け込んでくる場面です。「お母さんが死んだみたいなの」と青ざめた顔で話す彼女の言葉によって、ようやく観客は「人が死ぬ」という一抹の予感を抱きます。もうすぐ人が死んでいくのだ……いつ? どのようにして?

シュールな死に方の数々

舞台に張り詰めたサスペンスの糸は、しかし唐突に、それも極めてシュールな形で切れることになります。物語の最初に話しかけられた女子学生、彼女は口に入れた酢こんぶにむせ始めるのです。このような演劇的手法が往々にしてそうであるように、観客は役者が不慮に酢こんぶを詰まらせたかのように錯覚し、やがて彼女の詰まらせ方が尋常ではなく奇天烈であることに意表を突かれます。地面にもんどり打って倒れ、最期に謎の言葉を発して、とにもかくにも彼女は死んでしまうのです。

そこから先は推して知るべし。先ほどまで他愛のない会話をしていた人物たちが次々に死んでいく様を、観客はまざまざと見せつけられることになります。奇妙に体を反り返らせて死ぬ友人を見て、残された者たちは異常事態を察知します。やがて自身の死も避けられないと知った若者たちは、よりよき「死に方」を求めて奮闘していくのです。冒頭の中年男性などは、「ちょっと(死ぬときが)来たみたい」と言いながら、娘と二人きりで最期を迎えようとするわけです。

人は死なない

当たり前のことですが、「死」は生の向こう側にあります。「死」を認識するためには実際に死んでみるよりほかになく、しかし死んでしまえば「死」を認識することなどできないわけです。その意味では「死」とは想像上の産物にすぎず、現実には存在しないものといえます。極論をいえば、人は死なないわけです。

けれども、「死に方」は一貫して生のこちら側にあります。それは明瞭な輪郭を持っており、ゆえに人は様々な「死に方」を求めることができます。得体のしれない「死」が普遍的で抽象的な観念であるのとは別用に、「死に方」は個別的で具体的なものです。だからこそ、その方法を追求する人々の姿は狂おしいほどに滑稽で、同時に生き生きとしています。皮肉なことに。