特集記事

U-NEXTのページに飛びます
韓国映画の中で、キム・ギドク監督ほど狂気の才能を発揮している人物はいません。耽美的なショットや鮮烈なモチーフを見ていると、彼の作品が「韓国映画」という枠組み自体を拒んでいる気さえしてきます。

『魚と寝る女』はそんなギドク監督による4番目の劇場作品です。湖の釣り堀を舞台として、管理人の女と釣り人の男の異常な愛の関係が描かれます。

失神注意の衝撃作。今回も徹底解説していきます。

『魚と寝る女』作品概要


『魚と寝る女』(原題:섬)は2000年に公開された韓国映画です。『嘆きのピエタ』(2012年)などで知られるキム・ギドク監督の4本目の劇場作品であり、ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門に出品されました。

韓国国内での興行成績は芳しくありませんでしたが、国際的には注目を浴びることになり、彼の特異な作家性を世界に知らしめる契機となりました。ただし、ショッキングな場面が含まれることから、公開時には嘔吐したり失神したりする観客もいたとされています。

主演はソ・ジョンキム・ヨソク。さらに『メビウス』(2013年)などキム・ギドク作品の常連となるチョ・ジェヒョンも出演しています。

釣り堀に浮かぶ筏を舞台に、孤独な男と女が見せる倒錯した愛の関係を描きます。

『魚と寝る女』あらすじ

釣り堀の管理人であるヒジン。彼女の仕事は釣り人客をボートに乗せ、湖面に浮かぶコテージ付きの筏まで運ぶこと。それだけでなく、客の求めに応じて食べ物や女を運んだり、自らも娼婦として体を売っていました。

そんな釣り堀に、恋人を殺害して逃走中の男・ヒョンシクがやって来ます。しばらくは湖面で暮らすという彼に対し、次第に恋心を抱いていくヒジン。

ヒョンシクはそんな彼女を強引に襲いますが、逆に押し返されてしまいます。ヒジンは自分の代わりとして、一人の娼婦をヒョンシクの小屋に向かわせます。

ところが、その娼婦もヒョンシクに好意を寄せるようになってしまい、彼の筏に通いつめるようになります。二人の親密な光景を前にして、明らかに嫉妬した態度をとるヒジン。

ある日、釣り堀に検問の警官がやって来ます。追い詰められたヒョンシクは自ら命を絶とうとしますが、ヒジンの献身によって助けられるのでした。

ヒジンとヒョンシクの倒錯的な愛が始まります。しかし、孤独な二人の関係は着実に破滅への道を歩んでいました。

『魚と寝る女』解説・考察

奇妙な舞台装置

湖を幽玄に走る舟、と聞けば溝口健二の『雨月物語』(1953年)を思い出しますが、それに劣らず『魚と寝る女』は幻想的な雰囲気を湛えています。

主人公の女ヒジンは全編を通して一言も話さないのですが(こうした人物はキム・ギドク作品に頻出します)湖にある釣り堀で管理人をしています。この釣り堀の舞台設定がまた秀逸で、湖面には小屋付きの筏がいくつも浮かんでいる。この筏で来客者は自由に釣りを楽しむわけです。

本作の原題「섬」は島を意味しますが、この色とりどりに塗られた筏小屋は、まさに釣り人たちの「島」です。

ヒジンはそれぞれの島=筏小屋をボートで行き来し、釣り人に食事や釣り餌を与えます。それと同時に彼女は娼婦でもあり、客の求めに応じて体を売っている。その生活は明らかに困窮している様子がうかがえます。

加虐者と被虐者の関係性

ここに表現されているのは、加虐者と被虐者の関係といえます(この主題もまたギドク作品に頻出します)。娼婦である上に誰とも口を利かないヒジンは、一見すると被虐的な立場にあると思えるかもしれません。しかし実際は反対で、釣り人たちの生殺与奪の権利は彼女にあります。彼女のボートがなければ、男たちは湖に取り残されたままだからです。

実際、彼女は『地獄の黙示録』並みのゲリラ戦を展開し、態度の悪い客に意趣返しをします。湖の中から顔を覗かせる姿は、もはやサイコスリラーとさえ言えます。

この釣り堀の中に、フラットな関係性はほとんど存在しません。訪れる女はみな娼婦か、金持ちに釣られた女です。一人で訪れるのは訳ありの男ばかり。唯一の例外として、ヒョンシクはヒジンが手配した一人の売春婦と親密になります。彼は女に金を渡そうとしますが、純粋な恋心を抱いている売春婦はその行為に腹を立てます。

そんな二人をヒジンが鋭い眼光で睨みつけるのは、そこに加虐者被虐者の、いわば釣り人の関係が成立しないからでしょう。それは釣り堀のルールに反します。結局、ルールを無視した売春婦はヒジン=管理人の手によって排除されることになります。

釣り人が魚になるとき

だからこそ、ヒジンとヒョンシクの恋も、加虐者(釣り人)と被虐者(魚)の関係にならざるを得ません。

ネタバレは避けますが、誰しもが顔を背けたくなる衝撃的なシーン(ヴェネツィア映画祭では観客が嘔吐しました)を経て、ヒョンシクは見事に「魚」となります。加虐者であるヒジンは彼を釣り上げることに成功し、二人は"かりそめ"の関係を結ぶのです。

しかし、この加虐者/被虐者の関係性は、いつだって転覆の危険性をはらんでいます。ヒジンは被虐者であることに耐えかねて、ヒョンシクに反旗を翻します。釣り上げたはずの魚は、釣り人のもとから逃げ出そうしてしまう。

その時ヒョンシクはどんな行動に出るでしょうか? 同じくネタバレになるので詳述しませんが、彼女もまた衝撃的な場面を経て「魚」になります。このクライマックスへと至る過程は、何というか……ギドク的としか呼べない力学があります。

これは逃げた男を追う女の話ではありません。釣り人/魚、加虐者/被虐者という対立は、どちらか一方に回収されてしまう。それは物語の摂理のようなものです。隣接する二つのイメージが描かれるとき、最終的には一つのイメージに収斂していまいます。

余談ですが、この構図はポン・ジュノ監督の『母なる証明』に近いものがあります。この作品の主人公は、殺人犯とされた知的障害の息子を持つ母親でした。

母親は息子の冤罪を信じて独自捜査を進めますが、最後には彼女自身が狂気へと至ってしまう。理性/狂気の対立が一方に回収される瞬間が、壮絶なショットで描かれることになります。

ネタバレを含みますが、以下の解説記事が参考になります。

キム・ギドク監督のまとめ記事はこちら。経歴や関連キーワードとともに、全23作品を完全解説しています。

次に観るのは:『アトラント号』(1934年)


29歳で夭折したフランスの天才監督、ジャン・ヴィゴの代表作です。代表作といっても、彼は劇映画を2本しか制作しておらず、長編はこの『アトラント号』のみ。それでも傑作と呼ばれるだけの理由は確かにあります。

キム・ギドクは水中のショットを耽美的に撮りましたが、その源流を辿ればジャン・ヴィゴに行き着くように思います。この『アトラント号』における水のイメージは鮮烈で、一度観たら忘れられない作品となるはず。古い作品ですが、2017年に4Kレストア版が公開、DVD化もされています。