特集記事
『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ 』映画評:映像の魔術化、記憶の受肉化
作品のポイント

  • 中国映画の新星、ビー・ガンによる長編第2作。60分にわたる長回し&3Dの場面が話題に。
  • 幻想的なカメラワークは、デジタル・シネマ時代における「幽霊」の存在を指し示す。
  • 男が呪文を唱えるとき、映像は物質的な価値を取り戻し、記憶の中の女は現在へ蘇る。

『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ 』作品概要


『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』(地球最后的夜晚)は2018年に公開された中国映画です。

監督は『凱里ブルース』(16年)で衝撃のデビューを飾ったビー・ガン。同作はロカルノ国際映画祭で上映され、新進監督賞および特別賞を受賞。若干26歳が見せた驚異の才能に、世界から注目が集まりました。

それから3年の歳月を経て、本作『ロングデイズ・ジャーニー』は発表されました。カンヌ国際映画祭「ある視点部門」や東京フィルメックスで上映された後、2018年の大晦日に中国本土で劇場公開。このとき、製作会社の戦略により「映画の終わりとともに、恋人と年越しの口づけを交わそう」と宣伝されたそうです。結果、わずか一日で興行収入41億円を突破し、アートハウス系作品としては異例の記録を樹立しました。

主人公のルオを演じたのはホアン・ジエ。代表作にシュ・ハオフォン監督によるカンフー・アクション映画『ファイナル・マスター』(15年)などがあります(Amazonプライムビデオ)。

ヒロインのワン・チーウェンを演じたのはタン・ウェイ。2007年にアン・リー監督の『ラスト・コーション』の主演となったことで脚光を浴び、国際的な女優として活躍しています。その他の代表作にマイケル・マン監督の『ブラックハット』(15年)など。

『凱里ブルース』では40分のワンシーン・ワンカットを試みたビー・ガンですが、今回は後半60分すべてワンカット。しかもこのシーンのみ3D(2D上映もあり)と、より進化したアイデアで観客を魅了します。

『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ 』あらすじ

父の死をきっかけに、20年ぶりの帰郷を果たすことになったルオ・ホンウ。故郷の凱里で彼が見つけたのは、一枚の古い写真でした。

そこに写っていたのは、ルオがかつて想いを寄せた女性ワン・チーウェン。当時、彼女は地元のヤクザに囲われた身でした。ルオの親友だった男、通称「白猫」は、その男のもとで殺されています。

彼女のイメージを追っていくうちに、気がつけばルオは見知らぬ村へと辿り着くのでした。そこには少年となった白猫の姿があり、チーウェンとよく似た女性、カイチンの姿があります。そしてまた、幼少のルオを捨てて駆け落ちした実母の姿も。

現実と夢の世界が奇妙に溶け合うこの村で、ルオは自身の過去と向き合うことになります。

『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ 』解説

60分の長回し&3D

1989年、貴州省凱里市生まれ。『凱里ブルース』で中国映画界に颯爽と現れた新星、ビー・ガンの長編第2作です。限られた予算で製作された前作とは異なり、本作では十全な資金を得ることができました。

アシスタントプロデューサーのシャルル・ギルバートは、ガス・ヴァン・サントやグザヴィエ・ドラン作品にも携わってきた敏腕。さらに撮影監督として、ホウ・シャオシェン作品で知られる台湾のヤオ・ハンギや、アカデミー外国語映画賞ノミネート作『裸足の季節』で知られるフランスのダーヴィッド・シザレなどが参加しています。ヒロインに『ラスト、コーション』のタン・ウェイを迎え入れたことは、すでに述べた通りです。

この国際色豊かな布陣を組み、ビー・ガンが取り組んだのは、作品の後半60分にわたるシークエンスショット(長回し)でした。しかも3D。前衛的な3D映画というと、ジャン=リュック・ゴダールの野心作『さらば、愛の言葉よ』が思い浮かびますが、本人の言によると、直接的にはアルフォンソ・キュアロンやアン・リーの作品を参考にしたそうです。

劇中、主人公のルオが劇場で3Dメガネをかける場面があり、そこから観客の3D体験が始まります。虚構的な記憶の旅。「映画と記憶の違いは何かといえば、映画はつねに偽物だ。しかし、記憶には真実と嘘が混在している」というルオの台詞が示す通り、ルオは夢のなかで、昔の想い人にそっくりの女性と出会うことになります。

このシークエンスショットの効果は絶大で、ビー・ガンは独創的な映像空間を作り出すことに成功しています。前作と正反対の作風ですが、その目的は変わりません。『凱里ブルース』で記憶の街が描かれたように、『ロングデイズ・ジャーニー』でも監督の故郷である凱里の変異体として、ダンマイの街が立ち現れるのです。

それと同時に、ビー・ガンの世界観は非常に現代的な印象を与えてくれます。この現代的、というのは何も撮影技術に関して言っているのではなく(たしかに一部ドローン撮影を駆使していますが)、あくまでも主題的なものです。端的にいえば、ビー・ガンによる記憶の旅は、彼が新時代の作家である事実をはっきりと証明しているように思えます。

幽霊的な記憶の旅

そもそも、ビー・ガンはその経歴からしてミレニアル世代のシネフィル(映画狂)でした。はじめ映画批評に興味を抱いた彼は、大学のテレビディレクター学科に入学。そこで「名作」と誉れ高いアンドレイ・タルコフスキー監督の『ストーカー』を観たといいます。予想以上に退屈で、毎日少しずつ再生し、2週間ほどかけて観終わったとか。

そこからアート系作品に目覚め、学科の実習課題として短編を撮り始めました。先述した『凱里ブルース』のシークエンスショットは、テレビゲームの「ウイイレ」をプレイするように俳優を配置したと、冗談交じりに語っています。

そんな彼が生み出す映像は、やはりデジタル的・インターネット的な性質を備えています。俳優の身体を離れ、非現実の小さな村を縦横無尽に動き回るカメラ。その空間には記憶の断片が偏在しており、主人公は虚構を介して過去と対峙するのです。それは私たちの経験が情報化・外部化した状況を示しているように思えます。個人の記憶は、もはや身体に留め置かれるものではありません。

たとえば、それを「幽霊」と呼ぶことも可能でしょう。今日のデジタルシネマに出現する、脱人間的な表象。文字通りの幽霊が登場するアピチャッポン・ウィーラセタクンの『ブンミおじさんの森』(10年)を好例として、近年のアジア映画に同時発生する「幽霊性」を見てとったのは、批評家の渡邉大輔でした(「「顔」に憑く幽霊たち」)。

考えてみれば、前作『凱里ブルース』でも正体不明の怪物「野人」の存在が仄めかされました。勝手気ままに振る舞うビー・ガンのカメラワークは、この野人=幽霊の視線を否応なしに意識させるものです。

渡邉の指摘によれば、こうしたアジア映画に特有の長回し(「スローシネマ」と呼ばれることもあります)は、映像メディアにおける幽霊性が、アナログの時間性からデジタルの空間性へ中心を移したことを示しているといいます。この事実をもって、ビー・ガンを同時代の映像作家のなかに組み入れることは難しくありません。

記憶=記録の魔術化

となると、この幽霊性を備えた記憶の旅は、いったいどこへと向かうのでしょうか。別の言い方をすれば、デジタル的・ネットワーク的な社会における記憶の価値とは、どこに置かれるのでしょうか。

少し物語の筋を追いましょう。主人公のルオが一枚の写真をきっかけに思い出すことになる、ワン・チーウェンとの恋愛。写真の裏には連絡先が書かれており、ルオはそれに従って刑務所を訪問します。面会室で女囚から聞かされたのは、ルオを捨て駆け落ちしたという母、チーウェンとの思い出でした。

そして別れ際、女囚はルオに家が回転する呪文を授けます。その魔法を胸にしまったルオは、映画館からダンマイへと旅立つのです。亡き親友の「白猫」に導かれ、チーウェンと瓜二つのカイチンと邂逅し、今まさに駆け落ちしようとする実母に出会う。そして最後に、ルオはカイチンの前で、あの呪文を口にする……。

ここには、もう一つの別のストーリーラインを見出すことができます。写真から映画へ、そしてネットワークへと変遷するメディアの物語。言い換えれば、それは過去がアクチュアルなものとなり、新たな価値を持つようになる一連の過程です。

写真から映画への移行によって、記憶は時間的な広がりを獲得し、映画からネットワークへの移行によって、今度は空間的な広がりを獲得しました。その先にあるのは、過去と現在がまったく同じ意味をもって世界に同居する、新たなメディア環境であるとはいえないでしょうか。

この点に関して、詩人でもあるビー・ガンが物質世界のイメージに固執している事実は、何にも増して示唆的です。

人間酵素は執拗である。魂の酵素はまるで睡蓮のようだ。

『凱里ブルース』

夢が始まる。私の体は水素で出来ており、私の記憶は石で出来ているのだろうか。

『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』

ビー・ガンの描く夢の世界は、けっして観念的なものではありません。それは必ず物質の手触りをともなって立ち現れます。『ロングデイズ・ジャーニー』に溢れるイメージの数々。涙を流しながら齧られるリンゴ、親友との絆が再確認される卓球、そして暴力の現場となるビリヤード。これら物理的な接触のすべてが、あの秘跡のようなラストシーンを予感させてくれます。そこで主人公は、記憶に眠っていた恋人と、その身体と直接に触れ合うのです。

それは間違いなく魔術といえますが、今日の私たちが手に入れようとしている魔術です。情報空間が現実と等価になった新時代を「魔法の世紀」と呼んだのは落合陽一でした。その世界では、個人の記憶(記録)をめぐる枠組みも、何らかの変容を被るに違いありません。

すでに述べた通り、本作が中国全土で公開された際、大仰な宣伝が行われました。「映画の終わりとともに、恋人と年越しの口づけを交わそう」。なるほど、たしかにビー・ガンのかけた魔術は強力だったといえます。映画館の闇に溶け込んだ観客たちが、見失った身体を取り戻してしまうほどに。

関連作品:『ストーカー』(1979年)

夢や記憶との関連性でいえば、やはり本作の名前が挙がります。ビー・ガンを映画狂に目覚めさせた、ソ連の映画監督アンドレイ・タルコフスキーの代表作です。

ちなみに、ウクライナ発のFPSゲーム『S.T.A.L.K.E.R.』は本作の影響を受け製作されたとされています。タルコフスキーによる夢幻の長回しは、今日の情報社会に通じるものだ、というのは勘繰りすぎでしょうか。