特集記事


多様なイメージが奔流するキム・ギドク作品ですが、こちらは端正で明快なテイストです。

初々しい海の少女と都会的な青年を描く物語で、一見すると鮮やかな青春映画のようにも思えますが……。

今回はキム・ギドク監督による2005年の作品『弓』を紹介です。

『弓』作品概要


韓国の映画監督キム・ギドクによる12番目の作品として『弓』(2005年)は公開されました。

2004年には『サマリア』がベルリン国際映画祭で銀熊賞、同年の『うつせみ』がヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞を受賞と、世界的な栄誉を立て続けに獲得したギドク監督。さすがに骨休め、という訳でもなかったようで、続く本作もカンヌ国際映画祭の「ある視点」部門に出品されています。

主演はハン・ヨルム。『サマリア』では援助交際をする女子高生を演じた彼女ですが、今回は箱入りの無垢な少女を演じています。

また、彼女と一緒に生活する老人としてチョン・ソンファン、少女が恋をする青年として、同監督『絶対の愛』(2006年)にも出演することになるソ・ジソクが配役されています。

釣り船の上で暮らす60歳の男と16歳の少女。夫婦の契りを交わす二人の関係を軸に、詩的な物語が綴られていきます。

『弓』あらすじ

韓国の沖合に停泊する一隻の釣り船。そこでは船長である60歳の老人と、外の世界を知らない16歳の少女が生活していました。

船にやって来る釣り客たちの間では、二人は間もなく夫婦となると噂されています。老人は少女を7歳の時に拾い、以来10年間にわたり手塩にかけてきたというのです。

もはや親子同然の仲となっていた二人でしたが、老人は少女と契りを交わす日を待ち望んでいます。

しかし、彼女は釣り客の青年に淡い恋心を抱いてました。青年もまた、あどけない少女に惹かれるようになっていきます。

少女の心が離れていくことを案じた老人は、婚姻の日を少しでも早めようとします。しまいには弓に矢をつがえ、青年を追い払おうとする老人。そんな彼を守ろうとする無垢な少女。

青年は少女の本当の両親を見つけ出し、船から連れ出そうとします。その運命を悟った老人は、少女を見送った後に自死する道を選ぼうとするのですが……。

『弓』解説・考察

弓の音楽的/映像的なイメージ

『弓』はキム・ギドク監督のフィルモグラフィーの中もミニマルで象徴的な作品です。

小さな釣り船を舞台とする物語で、主な登場人物は3人。それも老人と少女に関しては台詞がありません。この無言劇というのはギドク監督の作風の一つであり、あえて言葉を排除することで、映像や音楽のイメージをより鮮明にさせています。

この作品の場合、鮮やかなイメージの中心にあるのはタイトル通り「弓」でしょう。いわゆる「楽弓」のことを指すのですが、船上の老人が弓を弦楽器のように奏でる姿は荘厳で、映画全体が民族的な調べの中に包み込まれています。

それだけではなく、この楽弓を老人は"コンバート"し、武器としても使用することになります。少女をたぶらかす釣り客の男たちを、彼はロビン・フッド並みの腕前で威嚇してみせる。シュッと風を切る音とともに弓矢が甲板に突き刺さり、男たちは慌てて少女のそばから離れていくのです。

つまり本作の「弓」は音楽的なイメージであると同時に、映像的なイメージとしても活用されていることになります。この仕掛けは最高に面白い。「韓国は国弓(クックン)の国」などと言われますが、確かに日本人には及ばない発想かもしれません。西部劇に銃があり、日本映画に刀があったように、韓国映画には弓がある訳です。

前近代的なものと近代的なもの

少しプロットに触れておくと、この弓をつがえる老人というのが、血のつながっていない16歳の少女を溺愛しているんです。二人の過去に関しては何も語られていないので、私たちはその理由を想像することしかできません。

『ロリータ』のように、老人は亡くした妻の面影を彼女に見出したのかもしれませんし、『私の男』のように家族がいない孤独を埋めたかったのかもしれない。

ギドク監督の作品に触れたことがある人なら、これぐらいは序の口に思えるかもしれませんが、それでも異常な関係であることに変わりはありません。洋上の閉鎖された空間では、社会的な規範などいとも簡単に上書きされてしまい、新たな道徳が生み出されてしまう。この構造は『魚と寝る女』(2000年)以来といえるかもしれません。

しかし、そんな二人の間に割って入る者が登場します。それが釣り客の一人である青年で、あっという間に彼と少女は恋に落ちてしまいます。

彼が身に着けているヘッドフォンを少女に貸し与えます。そこにはソウルミュージックが流れていて、彼女を老人による楽弓の調べから隔離してしまう。これ見よがしに前近代のイメージと近代のイメージとが対置される訳です。

あとはもう、クライマックスに一直線。少女愛を捨てきれない老人の抵抗も虚しく、近代のイメージが勝利を収める……なんてことにはなりません。詳しくは語りませんが、老人と少女は鮮やかなチョゴリを身にまとい、その愛を達成することになります。ふたたび弓のギミックが活かされ、大胆な表現とともに映画は幕を閉じます。

間違いなく言えるのは、それが極めて官能的で詩的なラブシーンだということです。このシーンだけでも、観なければ一生の損です。

キム・ギドク監督のまとめ記事はこちら。経歴や関連キーワードとともに、全23作品を完全解説しています。

次に観るのは:『私の男』(2013年)


映画の中では、社会の倫理など簡単に上書きされてしまいます。桜庭一樹の小説を原作とする映画『私の男』(熊切和嘉監督)で描かれるのは近親相姦。

浅野忠信と二階堂ふみが禁断の一線を踏み越えてしまう場面は必見です。

『弓』も『私の男』もU-NEXTで観ることができます。