特集記事
『白い暴動』映画評:人種差別を打ち破ったパンク・ムーブメントの民主性
作品のポイント

  • 70年代イギリスで人種差別に抗議する「RAR」の社会運動を追った音楽ドキュメンタリー。
  • 当時の英国では極右政党の国民戦線が急速に台頭し、激しい移民排斥運動を展開していた。
  • レイシズムはどのように勢力を広げ、対抗するカルチャーはどのような戦いを繰り広げたのか。

『白い暴動』概要


『白い暴動』は2019年のイギリス映画です。監督は、これまでBBCのドキュメンタリーを手がけてきたルビカ・シャー。初の長編となった本作はロンドン映画祭やベルリン国際映画祭で上映され、高い評価を受けました。

舞台は1970年代のイギリス。移民への人種差別が蔓延するなかで立ち上がった社会運動、「ロック・アゲインスト・レイシズム」(RAR)の活動を追ったドキュメンタリーです。

急速に台頭していた極右政党の国民戦線(NF)に対抗するため、独自にファンジン(雑誌)を発行し、反レイシズムの仲間を募っていったRAR。ザ・クラッシュ、スティール・パルス、トム・ロビンソンといったミュージシャンも加わり、カメラは1978年4月30日、10万人によるデモ行進と音楽フェスの光景を映し出します。

『白い暴動』解説

クラプトンの発言と「RAR」の発足

『ボヘミアン・ラプソディー』(18年)で描かれた「ライヴエイド」の開催は1985年ですが、このときロンドン会場のウェンブリー・スタジアムに詰めかけた観客は7万2000人。十分に圧倒される数字ですが、このライヴエイドより遡ること7年前、同じロンドンのヴィクトリア公園に10万人の観客が押し寄せていました。ザ・クラッシュも参加した、反ファシズムのための音楽フェスティバルです。

その中心となったのは「ロック・アゲインスト・レイシズム」(RAR)と呼ばれる社会運動。発足したきっかけは、急速に高まる人種差別の気運でした。時は70年代、イギリス国内では極右政党である「国民戦線」(NF)が台頭し、移民に対する激しい差別運動を展開していたのです。

『白い暴動』はRARの創設者、写真家レッド・サンダースへのインタビューから始まります。ことの発端は1976年8月、ミュージシャンのエリック・クラプトンが、バーミンガムでの公演中に人種差別発言を行ったというニュース記事でした。偉大なギタリストの失言に、この国への危機感を覚えたサンダース。すぐに批判記事を音楽雑誌へと寄稿し、数人の仲間とともにRARを発足します。

あのエリック・クラプトンが差別発言なんて……と耳を疑うかもしれませんが、調べてみると紛れもない事実のようです。1976年のコンサートで、クラプトンは「昔はクスリをやっていたけど、今はレイシズムに夢中だね」と叫び、続けて卑劣で訳出不可能な言葉を並べ立てています。いくら若かりし頃の発言とはいえ、とうてい看過できるものではありません。

70年代イギリスと「レイシズム」

ところで、この「レイシズム」という言葉、一般的な感覚からすると非人道的な含みを多分に帯びていると思うのですが、クラプトンは躊躇せずに(あるいは酔っていたのかもしれませんが)使っています。このあたりの語感が、おそらく現代日本人の感覚とはズレています。

卑近な例を挙げると、2013年頃に某しばき隊が使っていた「レイシスト」の語は、少なくとも彼らにとって、批判的な意味を含んだパワーワードだったに違いありません。それは極右団体の存在をはっきりと否定する、政治的武器としての用をなしています(むろん方法の是非は別として)。

しかし、どうやら70年代イギリスの極右団体において、「レイシズム」という言葉は肯定的な意味で使われていました。当時の国民戦線で幹部だったマーク・ウェブスターは、BBCのインタビューで次のように発言しています。

なぜ「国民戦線はレイシスト戦線だ」というポスターを作ったのかというと、それは我々がレイシスト戦線であるからだ。この意味を理解してほしい。我々が支持する国家という概念は、我々の社会を組織するための手段であり、その国家を作るための合理的な原理は、民族的な同質性にほかならないと考えている。

というように、国民戦線はみずから「レイシズム」の語を掲げていたのであり、たとえ大衆が彼らを「レイシズム」と批判したところで、何ひとつ効力を示さなかったといえます。それほどまでに、人種差別がまかり通る時代だったのです。

パウエルによる「血の川の演説」

こうした背景に何があったのかといえば、およそ私たちの想像に難くないもので、深刻な失業問題でした。1975年4月の時点で、イギリス国内の失業者数はすでに67万人。その翌年の1976年12月には127万人にまで激増し、世界恐慌以降では最悪の数字を記録します。労働党政権による努力の甲斐も虚しく、若者たちは職を失い、その不安はアフリカ/アジア系移民に対する反感となって表出したのです。

加えて、そこには理論的な後押しもありました。遡ること1968年、保守党の下院議員だったイーノック・パウエルは、イギリスへの移民流入に強い懸念を示し、人種関係法(Race Relations Act)の必要性を訴えます。その演説のなかで、彼は「イギリスは20年以内に黒人が支配する国になるだろう」と憂いてみせたのです。

パウエルが引用したウェルギリウスの詩から取って、一般に「血の川の演説」(Rivers of Blood speech)と呼ばれるこのスピーチは、イギリスの戦後史に悪名を刻むことになりました。現在では考えられませんが(いや、ブレグジット以後では考えられてしまうのですが)、とある世論調査によると、当時のイギリス国民の75%がパウエルを支持したと言われています。

その後、パウエルは影の内閣のなかで失脚し、政治的な影響力を失っていきます。とはいえ、文意だけ見れば一貫性のある「血の川の演説」が、国民戦線をはじめとるする極右勢力の理論的支柱となったことは否めません。ちなみに、前述したクラプトンがステージ上で支持を表明したのは、何を隠そうこのパウエル議員です。

ファシズムに対抗する音楽の「民主性」

すでに述べたように、レイシズムを標榜するNFに「レイシズム」という批判は通用しませんでした。そこでRARがどのような批判を行ったかといえば、ひとえに「ファシズム」だったと言えます。選挙至上主義の政策を打ち出していた国民戦線にとって、それは言ってみれば秘部でした。彼らはレイシストであることを望んでいましたが、ファシストであることは望んでいなかったのです。

そもそもNFの設立は1967年で、その前身となったのは3つの極右政党でした。いずれも人種差別を辞さない点では共通していましたが、ファシズムに対する歴史認識には温度差があります。70年代に国民戦線の党首であったジョン・ティンダルは、政治活動の初期からナチスに傾倒していたようですが、同時に政治的手腕にも長けており、表立ってナチズムを口に出すことはありませんでした。あくまで民主主義のなかで、議席を勝ち取ろうとしていたのです。

となれば、RARによる徹底したイメージ戦略は、「ファシズム」の一点攻めに尽きます。『白い暴動』を通して描かれるのは、いかにしてNFをナチスと結びつけるか、という不断の運動にほかなりません。敵を糾弾する内容のファンジンを発行し、コラージュされた意匠のポスターを街に貼り、レゲエやパンク・ロックでロンドンの空気を変えていく。その活動を通して集まった仲間が、さらに次の運動を引き起こします。

こうしたRARの活動は、1978年4月30日、ロンドン郊外のヴィクトリア公園で最高潮に達します。10万人の観客を前にして、ステージに立つスティール・パルストム・ロビンソン、そしてザ・クラッシュ。黒人と白人の垣根を超えた音楽がイギリス中に響き渡り、ナチスへの決別を表明するのです。それは「音楽」が本質として民主的であり、それ自体として政治の力を生み出すことの、ひとつの証左であったに違いありません。

参考文献:Never Again: Rock Against Racism and the Anti-Nazi League 1976-1982, David Renton, Routledge, 2018.

関連作品:『愛の嵐』(1974年)

戦後、ファシズムの亡霊はヨーロッパ各国であらわれます。イタリアの監督リリアーナ・カヴァーニが監督した『愛の嵐』では、1957年のオーストリアを舞台に、元ナチス親衛隊である男の倒錯的な愛が描かれました。

ルキノ・ヴィスコンティも絶賛したとされる傑作。ユダヤ人の少女を演じたシャーロット・ランプリングにも大注目です。